過払金はなぜ発生するのでしょうか?

出資法と利息制限法という2つの法律の相反する構造によりグレーゾーン金利と呼ばれる金利が発生するのです

「過払い金」が発生してしまう原因は利息の上限を定めた「出資法」と「利息制限法」という2つの法律の相反する二重構造にあるといえます。
利息制限法と改正貸金業法が完全施行される以前の出資法という2つの法律が関係しています。
“過払金はなぜ発生するのでしょうか?” の詳細は »

自分の経済状態を把握するところから始めよう

一般的にいえば財産や職業、給与や信用、技能や年齢的なものから性別に至るまでさまざまな総合的判断から、じゃこの人は借金を返せるだけの地盤があるのだろうか?という判断をさせられます

借金があって債務整理をしていたら誰でも自己破産できると思っていませんか?

じつは、自己破産をするにあたっては自己破産に至る破産原因が無ければいけません。
“自分の経済状態を把握するところから始めよう” の詳細は »

ブラックリストなんてこわくないぜ

借りている借金が返せなかったり、債務整理で破産をしたり個人再生などを行った場合には債務整理の履歴としてリストへ掲載されてしまいます

債務整理の履歴がブラックリストに・・・ということを耳にしたことありませんか?ブラックリストに履歴が残るというのはどのようなことをさすのでしょうか?
“ブラックリストなんてこわくないぜ” の詳細は »

ヤミ金融対策の強化で債務整理が変る

債務整理しやすくなった2010年以降の法令により、闇金退治が出来るようになってきたことで過払い金のみならず、安易な騙されやすい融資などにもかかりにくくなったといえます。

債務整理における大きな進展は、見直しやみなし弁済制度の廃止、グレーゾーン金利の廃止、利息制限法所定の制限利率(15%-20%)と出資法所定の上限利率(29.2%)の間の金利での貸付けについては、行政処分の対象とするなどの債務整理において正しい環境が整ったことでしょう。
“ヤミ金融対策の強化で債務整理が変る” の詳細は »

貸金業法の適正化による債務整理

債務整理にあたって、貸金業法の適正化による法律がさらに安心して取り組めるようになったのです。

利息制限法とともに貸金業法の適正化が私たちの債務整理にも大きく役立っています。
“貸金業法の適正化による債務整理” の詳細は »

 

債務整理により消費者金融を罰する?!

不当な金利以外でも謳い文句などで、債務整理の際に実際と違っていたり 紛らわしい表現だったことが発覚した場合、法律に触れてないかをチェックしましょう。

債務整理であなたの払いすぎた過払い金を取り戻すことになった場合は訴訟を起こさなければなりませんが当然100パーセントの勝ちがあります。
“債務整理により消費者金融を罰する?!” の詳細は »